2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●28日深夜の地震について

 3月28日深夜(日本時間29日未明)、スマトラ沖で再び地震が発生しました。ニンジャが支援活動をおこなっている北アチェ県での様子について、地元のNGOから連絡が入りましたので、ご報告させていただきます。

○月曜日の夜、アチェは再び強い地震に見舞われました。そのため、住民はみな「アッラー・アクバル」と叫びながら、外に逃げました。地震は5分ほどつづきました。みな、まだ地震の発生を心配しています。

c0035102_20573588.jpg○スマトラ・ニアス島を震源とする地震が起き、わたしたち全員、家から出ました。ロスマウェの人びとは、より高いところを求めてチュンダ地区に逃げました。モスクやヒラク広場に逃げた人もいます。ロスマウェでは死者は出ていません。
[PR]
by NINDJA | 2005-03-30 20:57 | その他