2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

●アチェ住民のうち40万人がPTSD

 保健省精神保健局局長のパンドゥ・スティアワン博士は4日、津波被災者のための心理社会プログラム形成のための政府間専門家会議において、ナングロー・アチェ・ダルサラム州の住民のうち約40万人が、津波被災後の心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんでいるとみられると報告した。
 同氏はさらに、アチェ州住民の半数が何らかの心理的障害を抱えており、そのうち5~10%がストレスに関連する精神障害を診断されるものというWHOの推定にもふれ、120万から200万人が何らかの心のケアが必要だと訴えた。
 政府は国際NGOを通じて、地域のリーダーに対し、心のケアのためのトレーニングを実施するなどサポートしているが、専門家の数が圧倒的に不足していると同氏は述べた。
 同会議はジャカルタにてインド、スリ・ランカ、マレーシア、タイ、日本、トルコ、オーストラリア、イラン、米国の政府代表、そしてユニセフ、ユネスコ、そしてWHOの代表が参加しておこなわれた。(Kompas, 05/04/05)
[PR]
by NINDJA | 2005-04-05 12:00 | 被災状況