2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●BIN、外国NGOに疑念を示す

 シャムシル・シレガル国家情報庁(BIN)長官は、アチェで活動する外国NGOが、人道支援目的だけでなく、ほかの使命を帯びている兆候があると疑念を示した。外国NGOの「イレギュラー」な活動は、アチェの復興を妨害する危険性があるという。「いくつかのNGOに対して、説明を求めなくてはならない。人道支援以外の活動をおこなっているNGOが1、2あるようだ」
 これまでに、すでに380の外国NGOが津波被災者支援のために登録をしているが、そのうち200団体が、緊急救援活動を終えるか、政府の要請に沿うことができずに、アチェを離れている。現在、政府は、アチェで活動を継続できる外国NGOの再登録を進めている。それは、国連か援助国と協力しているNGOに限られる。(Jakarta Post, 05/05/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-05-04 12:00 | 外国軍・援助機関の規制