2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●政府、アチェ問題国際化の罠に捕われる

 アグン・ラクソノ国会議長は1日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)の和平協定の監視に東南アジア諸国連合(ASEAN)や欧州連合(EU)が関与する可能性があることに国会諸委員会が強く反対し、ヘルシンキで行われている和平協議を今回を最後に中止するようユドヨノ大統領に求める意向を表明した。
 国会第1委員会メンバーのAS・ヒカム(民族覚醒党)は、「ASEANやEUの監視チームを現地に派遣することはGAMの政治的ポジションを国際社会に認めさせることになる。そのうち平和維持軍の派遣が求められ、 GAMはこれを利用し影響力をもつようになる。これが危険でないと言えようか?」と語り、同委員会の合意としてGAM問題を国際問題にしないよう政府に強く求めている。
 同じくジョコ・スシロ(国民信託党)も、ヘルシンキの和平協議がアチェ問題を国際問題にする結果となり、GAMの勢力を強めるだけだと強い危惧を表明した。
 これに対し、戦略国際問題研究所(CSIS)研究員インドラ・ジャヤ・ピリアンは、第4回アチェ和平協議は驚くべき進展をみせていると高く評価し、アチェ問題の国際化は津波被害で国際的支援があるのでこれは当然の成り行きだという見解を示している。
 人権団体インパーシャルのオットー・サムスディン・イスハックは、ヘルシンキ協議がいまだ意味のある結果を出していないと評価している。アチェ問題の国際化については、すでにずっと以前から国際問題となっており、これは政府が人権侵害を引き起こしてきたからだと指摘している。(Kompas, 05/06/02)
[PR]
by NINDJA | 2005-06-02 12:00 | 和平への動き