2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

●アチェ住民、支援が実現することを待望

 大地震と津波の発生から5カ月が過ぎたが、被災した住民たちは10億ドルにおよぶ支援金が具現化することを待ち望んでいる。バンダ・アチェ市スリン村長シャリル・アミンや大アチェ県ダエ・グルンパン村長ムフタル・マフムドは3日、記者に対して、郡や県・州の役所からしばしばヒアリングに呼ばれて多くの支援を約束されたにもかかわらず、実現したものはまったくないと語った。
 津波による被害が甚大だったダエ・グルンパン村の場合、津波前の人口は1671人であったが、生存者は334人で彼らは現在もテントで暮らしている。ムフタルは、住民の苦難が援助から利益を得ようとする者たちの道具にならないように望んでいる。「われわれは、もう何ももっていないのだ」
 いっぽうアチェ復興庁監視部代表のアブドゥラ・アリ教授は、当初のデータよりも避難民の数が膨れ上がったため資金が十分でなく、拠出が延期されたと述べている。また、アチェ暫定州知事アズワル・アブバカルは、地方政府による被災者への資金拠出が遅れているのは、中央政府から資金を得るための手続きが容易でないためと釈明している。(detikcom, 05/06/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-06-04 12:00 | 援助の問題