2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

●GAMとの合意事項、住民投票にかける可能性も

 国会第1委員会のハッピー・ボネ・ズルカルナエン議員(ゴルカル党会派)は5日、政府が自由アチェ運動(GAM)との合意事項をもっと公開するべきで、もし合意事項について国会が同意できず政府との協議が行き詰ったときは、住民投票にかける可能性も排除しないと述べた。国会は、ただちにGAMとの合意内容に反感をもつわけではないが、協議のプロセスに評価をおこなうことは当然であり、政治的決断には政府と国会の同意が必要であるという。「インドネシア単一共和国の一体性を脅かす条項があれば、国会が断固とした態度を取るのは当然だ」
 また、第3者の介入によりアチェ紛争が国際問題化することの懸念も表明し、政府がそうした事態をどのように防止するか説明を求めた。
 いっぽう国民信託党会派代表のアブディッラー・トハ議員は、武力行使よりも平和的な方法で問題を解決する方がよいと短い声明を出している。しかしながら、GAM側が協議を利用して自分たち立場がインドネシア政府と同等であるかのようにみせる可能性には警戒すべきだという。(Kompas, 05/06/06)
[PR]
by NINDJA | 2005-06-06 12:00 | 和平への動き