2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

●2年間でアチェ反乱者4000人を殺害

 エンドリアルトノ・スタルト国軍司令官は8日、2年におよぶ軍事戒厳令と非常事態宣言のあいだに、国軍は約4000人の自由アチェ運動(GAM)メンバーを殺したと豪語した。国軍兵士側の犠牲者は約200人で、その半数以上は非戦闘時の死者だったという。
 政府は2003年5月19日に軍事戒厳令を発令し、GAMを掃討するための本格的な軍事作戦に乗り出した。2004年5月19日に、軍事戒厳令は非常事態宣言に格下げされ、2005年5月、和平協議が進行するなかユドヨノ大統領は非常事態宣言を解除した。
 スタルト国軍司令官によると、軍事戒厳令が発令された直後に、GAMメンバーはそれまでの5000から6000人規模だったのが、9000人から1万人規模に増えたが、集中的な軍事攻勢で、現在のGAMメンバーは1200人から1500人に減り、武器も一時3000から3500あったのが、いまは500程度だという。また、この2年間で降伏したGAMメンバーは2825人で、3030の武器が押収された。
 スタルト国軍司令官は、和平協定が結ばれても、国軍はアチェから撤退しないことを再度強調している。(Kyodo, 05/06/08)
[PR]
by NINDJA | 2005-06-08 12:00 | 軍事作戦・人権侵害