2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●外相「国軍はアチェから撤退しないが、削減する」

 アチェ・モニタリングチームは和平協定がインドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで調印されたのち、アチェからのインドネシア国軍の削減プロセスを監視する予定である。
 ハサン・ウィラユダ外相は18日、「部隊の削減は必要だ。なぜならすでにアチェで安心だと感じられるところまで達しているからだ。多くの国軍や警察部隊の存在は必要とされていない」とユスフ・カラ副大統領との会合後に語った。
 外相は、国軍は各部隊に戻る予定であると述べた。また「部隊の撤退」ではなく「部隊の再展開」という用語を用いているという。撤退という用語はまるで国軍がアチェにいる権利がないように聞こえるからだという。
 モニタリングチームはまた、GAMの武器の引渡しの監視と武器の破棄を確認する予定である。このメカニズムは2002年に取り交わされた敵対行為停止合意(CoHA)のときとは異なるという。そのときには武器は集められてから第三者が鍵をもつ箱に入れられていた。外相によると、このチームの権限はすでに双方の出した和平合意草案のなかで詳細に記されているという。双方は8月17日のインドネシア独立記念日の前に最終合意に調印する予定である。
 外相は、政府側の調印への問題については閣議で議論される予定で、まだわからないと述べた。(TEMPO Interaktif, 05/07/18)
[PR]
by NINDJA | 2005-07-18 12:00 | 和平への動き