2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

●アチェでの国軍活動範囲、兵舎から半径750m以内に

 イスカンダル・ムダ軍管区司令官スピアディン少将は、州議会議員との会談で、森林や山岳部から撤退した国軍部隊が森林周辺の兵舎に配置され、その活動が兵舎から半径750m以内に限られていると語った。
 政府と自由アチェ運動(GAM)の和平協定の調印に向けて国軍は、GAMの妨害行為から住民の安全を守るため、軽度のパトロールと、重要施設である153kmにわたるパイプ・ライン周辺の警備は続けるという。「軍は何もしないというわけではなく、GAMの暴力行為は許さない」(TEMPO Interaktif, 05/08/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-08-04 12:00 | 和平への動き