2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

●和平合意後、ビルンでインドネシア国軍とGAMが銃撃戦

 インドネシア国軍と自由アチェ運動(GAM)バテェ・イレッ地区(ビルン県)の部隊が25日夕方、ビルン県マクムル・ルベ郡アラ・リペ・タンジョン・ムリア村で銃撃戦をおこなった。その結果、GAMメンバーのムスタファ(18歳)が頭部に銃弾の破片を受け、負傷した。
 銃撃戦は17時にはじまり19時30分まで続いた。インドネシア赤十字社とアチェ監視使節団(AMM)が事件現場に到着したとき、負傷者は住民によって祈祷所へ搬送されていた。被害者は、26日未明に監視使節団が現場に到着した後、 1時25分にビルン・ファウジア博士公立病院に搬送され、手術を受けた。被害者は重体であるという。(Acehkita.com, 05/08/26)
[PR]
by NINDJA | 2005-08-26 12:00 | 和平への動き