2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

●国軍、GAMの武器引渡し過程に関与

 15日の自由アチェ運動(GAM)からアチェ監視使節団(AMM)への初期段階の武器を引き渡しの確認のため、インドネシア国軍が関与する予定である。しかし、武器引渡しの場所と方法については、まだ詳しくは決まっておらず、AMM、GAMおよび政府は10日の会合で決定される予定である。この決定に関しては、ヘルシンキの合意事項の北アチェ住民に対する説明の際に議題となった。
 北アチェで9日に開かれた会合では、和平の同意にまだ従っていないGAMの人間がいると、あるひとりの村長が不満を述べた。彼らはなお強奪しているという。それとは逆に、何人かの住民は、国軍に分離主義者の運動に関与していると疑われ、家族が国軍の詰所に拘束されていると訴えた。
 それらの訴えを受け止め、バンバン・ダルモノ少将は、共同で調印されたヘルシンキの合意事項の項目を、すべての側が遵守するよう要請した。また、同氏は武器の引渡しの過程に国軍も関与すると確言した。「一緒に武器の数を数える、国軍の代表がいる」と軍事戒厳令時におけるアチェの作戦司令部司令官は述べた。(Liputan6.com, 05/09/09)
[PR]
by NINDJA | 2005-09-09 12:00 | 和平への動き