2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

●「国家はアチェでの国軍の功績を忘れない」

 スシロ・バンバン・ユドヨノ大統領は10日、インドネシア国軍60周年の挨拶において、アチェ紛争の解決に大きな貢献と役割を果たしたと述べた。アチェ紛争解決の長い過程において、国軍はまさに最前線に立ってきたという。「国家は、この間のアチェの任務においる国軍の功績と犠牲を忘れない」
 大統領はまた、国民の一部がインドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)によるヘルシンキの和平合意覚書(MoU)の内容を懸念していることについて、認識していると述べた。
 そのため、この和平の基本原則は、インドネシア共和国統一国家( NKRI)の領土を保持することであると大統領は語った。「紅白旗は翻り続け、 1945年憲法にも従う。またアチェの地方政治の枠組みも特別自治の枠組みのなかに組み込まれている」(TEMPO Interaktif, 05/10/05)
[PR]
by NINDJA | 2005-10-05 12:00 | 和平への動き