2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●アチェ・ジャヤ県出身の避難民数百人が立ち退きに

 大アチェ県ダルル・イマラ郡ラムルン村の製材所の避難民テントで暮らしていたアチェ・ジャヤ県出身の避難民数百人が11日朝、製材所の所有者でアチェ・ジャヤ県議会副議長のソフィアン・ハシムによって強制的に立ち退かされた。
 避難民コーディネーターのサイフル・ナジブは、避難民らはすでに11カ月暮らしてきた避難民テントを強制的に撤去させられた述べた。この間、製材所敷地には201世帯、800人が暮らしていた。「製材所の所有者は、操業を再開したいのだ」(TEMPO Interaktif, 05/11/08)
[PR]
by NINDJA | 2005-11-08 12:00 | その他