2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

●通信・情報相「アチェからの国軍撤退、12月末までに完了」

 ソフヤン・ジャリル通信・情報相は9日、ユスフ・カラ副大統領のバンダ・アチェ訪問に同行した際、自由アチェ運動(GAM)の武装解除と国軍・警察の派遣部隊の撤退を12月末までに完了すべきであり、軍事関係の問題が解決されたのちにアチェ政府運用法策定と地方首長選の討議に入ると語った。
 同相は、カラ副大統領が9日午前中にアチェ監視使節団(AMM)チームと会談し、AMM側から和平合意覚書(MoU)の実施が順調に進んでいることが報告されたことも明らかにした。
 いっぽう、GAMが約3000人のGAMメンバーの名簿をいまだに提出していないことについて、同相は、政府は一貫してこれを要求する方針であり、GAM幹部と再度協議すると語った。(Suara Pembaruan, 05/11/10)
[PR]
by NINDJA | 2005-11-10 12:00 | 和平への動き