2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●アチェ政府法案の草案、2006年3月21日を目標に仕上げ

 アチェ出身の国会議員であるファルハン・ハミドは16日、アチェ政府法案は2006年3月21日を目標に仕上げる予定であることを明らかにした。
 同法案の草案は現在アチェ州議会で作成中であり、自由アチェ運動(GAM)、ウラマー、住民の有力者、知識人などと協議をおこなったのち、現在4度目の手直しをしているところであるという。
 いっぽうスリ・ムルヤニニ開発企画担当国務相兼国家開発企画庁長官は16日、米国政府が、米国国際開発庁(USAID)を通じてアチェの和平プロセス実施の支援のため、600万米ドルの援助を供与することを明らかにした。これで米国によるアチェ和平プロセスの援助の合計は1億2900万米ドルになる。
 この900万米ドルの贈与は、公共情報運動、技術援助、和平プロセスに直接関与している地方政府機関の開発などにあてられるという。(detikcom, 05/11/16)
[PR]
by NINDJA | 2005-11-16 12:00 | 和平への動き