2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

●GAM、有識者「アチェ州分割は和平協定を頓挫させる」

 自由アチェ運動(GAM)指導者とアチェの有識者らは8日、もし政府がアチェを3つの州に分割するという要求を受け入れれば、和平合意を損なうと警告した。アチェ州の分割は、1956年7月1日時点の境界をもとにした和平合意に反するという。しかし、GAM側交渉担当者のムハンマド・ヌル・ジュリは、2009年に予定されているアチェ議会選挙後に新しい州が作られることはあり得ると述べている。
 アチェ・ルセール・アンタラ(ALA)州と南西アチェ(ABS)州の設置を求める支持者は、人びとの福祉の向上のために分割が必要であると訴えている。しかしジュリは、「新しい州を求めている役人や議員は古い圧制と腐敗した装置の一部であり、和平合意覚書の実施によって真に民主的な政府ができることを恐れているのだ」と語った。いっぽう、ソフヤン・ジャリル通信・情報相は、新州設置の可能性を否定しないものの、分割のプロセスが民主的であることがもっとも大事であると述べた。
 バンダ・アチェのシャ・クアラ大学教員のイスカンダール・A・ガニは、中央政府が州分割の要求に前向きに対応すれば、法的根拠の欠如が問題になり、パプア州分割プロセスの過ちを繰り返すことになるという見解を示した。(Jakarta Post, 05/12/09)
[PR]
by NINDJA | 2005-12-09 12:00 | 和平への動き