2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

●国会「政府とGAMの休戦協定に外国の仲介必要ない」

 国会第1委員会委員長テオ・サンブアガ議員は13日、自由アチェ運動(GAM)が自発的に政府と休戦するとしたことを歓迎し、この休戦に外国の仲介は必要ないとの見解を示した。「これを契機にGAMは銃を置き、国軍は軍事作戦を止めるべきだ。インドネシア・ウラマー協議会(MUI)、国家人権委員会、アチェの有力者、NGOの代表など、外国人でなくともGAMの代表と政府高官の間にたって和平対話を仲介できる人びとは国内にいる」。テオ議員はまた、アチェで国軍兵士を増強することに賛成の意向を示した。国会は、すでにアチェの復興支援のために2億2500万ルピア増額することに同意しているという。(detikcom, 05/01/13)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-14 12:00 | GAM情報