2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●米国大使、インドネシア政府の制限を支持

 駐インドネシア米国大使リン・パスコーは13日、インドネシア政府がアチェで活動する外国軍に3月26日までに撤退すべきと制限をかけるのは、「無理のないこと」で、「驚くに値しない」という見解を示した。米軍はインドネシア政府の要請にもとづいて活動しており、求められるかぎり任務を果たし、ある地点に到達したら即時撤退する意向だという。パスコー大使はまた、政府がすべての外国人援助ワーカーに登録を義務付けたことについて、理にかなったことで、すべての政府が国内の外国人をチェックする権利をもつ、とその方針を支持した。(International Herald Tribune, 05/01/14)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-14 12:00 | 外国軍・援助機関の規制