2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

●EU、世銀、アチェ復興支援金を拠出

 EUは、6億ドルを津波被災国の復興支援のために拠出することを発表。EU加盟国からの個別援助額を合計すると約20億ドルにのぼる。世界銀行は6日、2億7500万ドルの長期低利貸付をアチェ救援活動に供与することで合意。世銀はまた、アチェと北スマトラの復興支援プログラムに2500万ドルの無償援助もおこなう。
 アチェで家族を津波災害で失った住民の1人は、インドネシア政府が数万人のアチェ人犠牲者と引きかえに債務帳消しを求めていることについて、「アチェがインドネシアのためにどれだけ犠牲になったか想像してみてくれ。この間の債務を返済できないくせに、数万人のアチェ人の命が失われ、アチェが崩壊したことで、それが解決するなんて」 と語っている。(TEMPO Interaktif, 05/01/06)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-06 12:00 | 援助の問題