2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

●声明「アチェでの外国人活動の制限について」

 アチェがまだ地震・津波災害被災者の救援活動で混乱しているときに、ユスフ・カラ副大統領は13日、外国軍の活動期間を3カ月と制限する決定をくだした。ユドヨノ大統領も外国軍に3月26日までと期限を設けた。
 副大統領によると、外国軍の救援活動を期限つきとするのは、インドネシアが他国に頼るのを避けるためだというが、ここで注意すべきは、外国軍の動機と目的はあくまで人道支援であって、政治や軍事介入ではないことだ。
 今回の被害が甚大で政府の能力が限られていることから、緊急援助活動は6カ月以上は必要である。政府も非常時が6~12カ月つづくとみなしていた。
 アチェ・ワーキング・グループ(AWG)は、今回の政府の決定があまりにも拙速で、非常時である犠牲者や被災者のニーズにあわないものだと考える。いくつかの国はインドネシア政府の決定を受け入れると言っているが、この決定は救援活動をおこなう側の熱意に水をさす。さらに、一貫性のない政府の対応は、非常事の人道支援で国際的、国内的に連帯しているインドネシア人に恥ずかしい思いをさせる。
 このような状況をふまえ、AWGは次のとおり要請する。

1. 政府は一貫性をもち、現場での活動を効率的にするために、あらゆる方面とコミュニケーションとコーディネーションを構築すること。
2. 政府は活動期間を限定した理由をきちんと説明する義務がある。不明瞭な情報は、アチェで災害発生時より救援活動を展開している国内および海外の団体を混乱させる。
3. 今回の災害はすでに世界的な災害であるので、政府はアチェ・北スマトラの災害対策を国際機関に委ねた方がよい。インドネシアは、国の主権や威厳、価値観を喪失すると感じることなく、これに参与すればよい。
4. 外国人が非常事の救援活動をおこなうことに対して、用心はするものの度を越した疑いの目を向ける必要はない。今回の災害はすでに国際社会を襲った災害と認識されているのだから。(Aceh Working Group, 05/01/14)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-14 12:00 | 外国軍・援助機関の規制