2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

●アチェ国声明(2004年12月31日)

 救援物資の多くは、国軍よってメダンとバンダアチェで止められている。兵士が物資を犠牲者に売りつけている、という情報もある(インスタントラーメン一つ300ルピア)。
 われわれは、救援活動が進むよう、26日以来休戦している。それに乗じて、インドメシア国軍はわれわれを攻撃、さらなる負傷者を出している。
 インドネシア政府のアチェに対するこのような非人道的措置を強く非難する。

<国際社会への要求>
インドネシア政府に対し、
①非人道的対応を改善すること
②アチェを国際社会に開放し、報道や救援スタッフが入ってこられるようにすること
を求め国際社会から圧力をかけることを要求する。

マリク・マフムド(アチェ国亡命政権首相)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-31 12:00 | GAM情報