2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

●GAM司令官ムザキル・マナフ声明

 アチェの人びとを代表して、アチェ国軍司令官は、救援活動をおこなっているすべての国、政府、NGO、人道支援団体、個人、マスメディア、インドネシア人に感謝する。
 インドネシア政府のアチェ犠牲者への対応はとても悪意に満ちたものである。
・救援物資配給を遅らせているばかげた配給システム(配給はインドネシア国軍からのみというシステム)
・救援を口実とした独立派掃討目的の兵士の動員
・食糧受け取りのための身分証明書携帯義務(不携帯の場合暴力を振るわれることもある)
・海岸沿いの人びとに、海に流されたインドネシア国軍の武器を泳いで取りに行かせる、など

<国際社会、とくに来インドネシア予定のアナン国連事務総長への要求>
 アチェで戦闘中の軍部隊と政治交渉し、一時休戦を約束させ、救援活動に専念できる状態を作ることを強く要求する。
[PR]
by NINDJA | 2005-01-03 12:00 | GAM情報