2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●大アチェ県メスジッド・ラヤ郡ヌフン村の避難民キャンプより

<キャンプ情報>
避難民数2493(女性1700、幼児285、乳児30、妊婦10、老人100)

<必要物資>
食糧(コメ、インスタントラーメン、食用油、砂糖、ミルク、飲料水、卵、塩、緑豆、ビスケット、赤ん坊ミルク)、衣料(上着、ズボン、下着、ブラジャー、生理用ナプキン)、テント、ゴザ、建築資材、医薬品(下痢止め、マラリア、風邪、解熱剤)、毛布、蚊よけ、コーラン、サルン、文具、食器、石鹸、タオル、歯ブラシ、歯磨き粉、洗剤、発電機、ろうそく、懐中電灯(PEKA, 05/01/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-04 12:00 | アチェNGOの活動