2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

●ボランティア、カネをせびられる

 「アチェ民衆運動連帯(SEGERA)」は4日、メダンからムラボーにタパック・トゥアン経由で入ろうとしたボランティアたちが、制服を着用した人びと(訳注:国軍)に4万から5万ルピアのカネをせびられたと明らかにした。制服を着た人びとは、検問をおこない、身分とボランティアが運んでいる物資すべてについて尋ね、その後、物資をポスト(詰所)に置き、ボランティアが配給できないようした。理由は、物資が自由アチェ運動(GAM)の手に落ちるのではないか懸念されるから、というものだったという。「ボランティアは、軍服を着た人びとに妨害された。彼らはガソリン代を購入するという理由でカネを要求してきた」(Kompas, 05/01/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-04 12:00 | 国軍の援助妨害