2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

●2日までの犠牲者数

 社会省の2日のデータでは、犠牲者数は8万259人となった。現在も遺体の収容はつづけられており、犠牲者数は増え続けている。内訳は、バンダ・アチェ1万5000、アチェ・ジャヤ1万5000、大アチェ1万4000、サバン1万2000、ムラボー1万200、チャラン5000、北アチェ1855、ピディ1359、ビルン594、ナガン・ラヤ500東アチェ224、ロスマウェ 157、クルン・マネー117、シムルー6、アダム・マリク病院3、アチェその他の島4000。北スマトラ州の死者の内訳は、ニアス227、チェルミン海岸8、デリ・スルダン8、中タパヌリ1。行方不明者は1542、治療中は2086、避難民は10万8083、倒壊した家屋は4万1783。(detikcom, 05/01/02)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-02 12:00 | 被災状況