2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

●GAM軍、12月中に解散

 自由アチェ運動(GAM)の軍事部門広報官ソフヤン・ダウドは、GAMが所有する武器の廃棄が終了する12月中にGAM軍の解散を宣言すると確約した。ソフヤンによると、和平合意覚書(MoU)調印以来、GAM軍はすでに一般の市民社会に戻っており、解散が正式におこなわれていないだけだという。GAM軍メンバーは解散したのち、GAM内部のアチェ移行委員会(KPA)の調整によって一般社会に復帰する。
 いっぽう、エンドリアルトノ・スタルト国軍司令官は22日、GAMの武装解除とGAM軍解散について、いまだ十分とは言えず、GAM側に同軍の解散を公式に表明するよう求めた。また、GAMが引き渡した武器の数が国軍とアチェ監視使節団(AMM)のあいだで食い違うことについて、問題視する意向がないことを明らかにした。しかし、GAMメンバーが武器を保持しているのを発見した場合は、法に則って裁くという。(TEMPO Interaktif, 05/12/22)
[PR]
by NINDJA | 2005-12-22 12:00 | 和平への動き