2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●アチェから最後の部隊撤退

 国軍は29日、自由アチェ運動(GAM)がアチェ国軍(TNA)を正式に解散したことを受けて、最後の部隊2500人を撤退させ、アチェ和平合意の条件のひとつを満たした。
 兵士たちは笑顔でロスマウェの港から出航し、スラバヤから派遣されていた兵士は「とてもうれしい。妻が恋しかった」と喜びを隠さなかった。
 イスカンダル・ムダ軍管区司令官AS・スピアディン少将は、政府はすでに2万4125人の兵士をアチェから撤退させたと述べた。しかし、いまだ何人の兵士が残っているかは明らかにしなかった。治安部隊の最後の撤退は、警察部隊で30日に予定されている。(Jakarta Post, 05/12/29)
[PR]
by NINDJA | 2005-12-29 12:00 | 和平への動き