2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

●アチェ・ニアス復興庁、2006年に住宅7万9000戸を再建

 アチェ・ニアス復興庁(BRR)のヘル・プラセトヨは、2006年のBRRの目標として、津波の避難民に対して、2006年末までに7万8000戸の住宅を再建する予定であることを明らかにした。この数は政府によって再建を予定されている12万戸の一部である。BRRは、再建目標の7万8000戸のうち、4万戸を独自で再建し、残り3万8000戸について海外NGOの支援を受けるという。
 同氏は、BRRによる住宅再建が遅れている理由として、レンガや木材など資材の不足、輸送交通機関の問題、官僚主義の弊害の3点を挙げた。資材の不足について、支援をおこなう海外NGOに対し、海外から資材を調達してくるよう求めた。また政府は入札等に時間がかかる官僚主義を解決するため、2005年大統領決定70号を定めている。(TEMPO Interaktif, 05/12/26)
[PR]
by NINDJA | 2005-12-26 12:00 | 被災状況