2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

●アチェ行政法案の問題解決に向け、メガワティらにロビー

 アチェ行政法案特別委員会代表のアズハリ・バシアルは2日、国会におけるアチェ行政法案の審議の障害をとりぞくために、アチェ州議会の協議委員会にロビー・チームを結成するように呼びかけていることを明らかにした。同氏は、アチェ行政法の内容が、アチェ住民の願いや、自由アチェ運動(GAM)と政府との和平合意事項からそれてしまうことを危惧している。実際に、国会に提出された政府案においては、いくつかの合意事項が抜け落ちている。
 ロビー活動は、とりわけ和平合意事項の問題に積極的に発言している議員を多く議会に送り込んでいる闘争民主党のメガワティ・スカルノプトリ総裁、民族覚醒党のアブドゥルラフマン・ワヒド最高責任者委員会代表に対しおこなわれる予定である。(TEMPO Interaktif, 06/02/07)
[PR]
by NINDJA | 2006-02-07 12:00 | 和平への動き