2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

●活動報告(2006年3月23日)

○東アチェ県シンパン・ウリム郡クアラ村の学校建設、完成間近
c0035102_2581833.jpg 仮設学校は完成間近です。壁のほとんどに板が張られ、屋根を残すのみとなりました。来週には完成予定です。
 ところでJRSが運び入れたテント(3月9日の活動報告を参照)の顛末です。JRSは村長に対し、テントを保健施設として使用するよう申し入れましたようです。テントを設置したあと、JRSが医者もしくは看護士を、1週間に2回派遣するとのこと。しかし、23日になっても、テントは放置されたままでした。
 なお被災者の家については、村長によれば、世銀が建設資金を出すようです。埋め立ては、ドイツのGTZからの支援でおこなわれます。

○西バクティア郡のバライ・プンガジアン
 ムナサ・ハグ村とブランデ・パヤ村のバライ・プンガジアン(コーラン詠みの練習場)建設もはじまりました。4日ほどで完成する予定です。(I)
[PR]
by NINDJA | 2006-03-23 23:50 | NINDJAの救援活動