2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●陸軍参謀長「アチェ紛争解決はGAM次第だ」

 リャミザード・リャクドゥ陸軍参謀長は20日、バンダ・アチェで、アチェ紛争の和解交渉について、自由アチェ運動(GAM)の誠意次第であるとの見解を述べた。「紛争を解決したいのなら、GAMは降伏し、武器を放棄しなければならない」
 さらに、もしもGAMが武器を放棄せず、国軍が失くした武器を探すようなことをすれば、問題は解決しないと語った。「紛争解決の要は国軍にあるのではなく、GAMにあるのだ。GAMが降伏すれば、終わることなのだ」
 陸軍参謀長は、ユドヨノ大統領と国軍最高司令官がすでにGAMに対し、アチェを立て直すために銃を置こうと呼びかけていることを強調した。現在、1万4000人規模の陸軍が人道支援活動とスマトラ州とアチェ州の州境の流通治安警備にあたっている。また、2万人規模の兵士が依然として治安維持の任務についている。(detikcom, 05/01/20)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-20 12:00 | 和平への動き