2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

●犠牲者数16万6080人に

 保健省のデータでは、19日までに、アチェと北スマトラ州の地震・津波の犠牲者は16万6080人、6245人が行方不明となっている。
 内訳は、バンダ・アチェ2万141人、大アチェ県1万7564人、アチェ・ジャヤ県1万9661人、チャラン5000人、西アチェ県1万1982人、ムラボー2万8251人、ナガン・ラヤ県1338人、南西アチェ県3人、南アチェ県6人、シムルー県8人、アチェ島4000人、サバン12人、ピディ県 2686人、ビルン県594人、クルン・マネー117人、北アチェ県2386人、ロスマウェ189人、東アチェ県894人、中アチェ県132人、ガヨ・ルゥス県4人。
 北スマトラ州の内訳はニアス227人、チェルミン海岸8人、デリ・スルダン8人、スルガイ4人、マディナ2人、中タパヌリ1人、アダム・マリク病院での死者が11人。
 社会省によれば、避難民数は60万3518人で、内訳は、バンダ・アチェ2万 7980人、大アチェ県10万7740人、アチェ・ジャヤ県3万3055人、西アチェ県5万8583人、ムラボー8万251人、ナガン・ラヤ県1万3099人、南西アチェ県1万3964人、シムルー県4万6017人、ピディ県4万9421人、ビルン県3万5000人、北アチェ県9万7942人、ロスマウェ1万1000人、東アチェ県2万2000人、中アチェ県3454人。(Kompas, 05/01/19)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-19 12:00 | 被災状況