2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●インドネシア国軍と反政府勢力の非難の応酬、復興支援に影響か

 22日、インド洋津波の被災地インドネシア・アチェ州では、国軍と自由アチェ運動(GAM)による非難の応酬が、復興の見通しに影を落としている。
 GAMと国軍は津波を受けて、非公式ながら歩み寄る動きを見せていた。しかし複数の国軍側司令官は、国軍がここ2週間で、復興支援を妨害した疑いのGAMメンバー120人を殺害したと語った。GAMのスポークスマンは、国軍の攻撃による死者の大半は住民だったと主張し、国軍とのいかなる和平協定も信頼できないと非難。現地の人道支援活動スタッフにとっては、懸念すべき兆候となっている。(Reuters, 05/01/22)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-22 12:00 | 軍事作戦・人権侵害