2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

●日本政府、アチェでの物資援助プログラムを完了

 日本政府は11日、クルン・ラヤ港に600tの援助米が到着したのを最後にアチェにおける津波被災者への物資援助プログラムを完了した。援助米の到着と世界食糧計画(WFP)の支援状況などを視察に訪れた黒木公使は、WFPによりおこなわれている支援の分配へのモニタリングを継続するとともに、被災者への分配が手続きに沿っておこなわれているのであれば、日本政府と日本国民がさらに援助を提供する可能性があると述べた。
 日本政府はこれまでに3400万ドルの資金を復興支援に供与し、4万2000tの援助米をアチェの津波被災者に支援している。WFPが継続しているアチェの津波被災者へのコメ、食用油、ビスケット、魚缶などの物資援助プログラムは07年に終了する予定である。(Antara, 06/04/11)
[PR]
by nindja | 2006-04-11 12:00 | 外国軍・援助機関の活動