2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

●エクソン、アチェのガス区域の債権をJapexに売却

 メドコ・エナージー・インタナショナル会社総務部長アンディ・カラモイは26日、エクソン・モービル社がアチェ州のガス区域の債権すべてをメドコ・エナージー・インタナショナル会社、日本石油資源開発社(Japex)、プルミエルオイル社に売却したことを明らかにした。3社はブロックAガス田におけるエクソンの50%の利権を5100万ドルで購入し、それぞれ16.67%の持ち株で共有、未開発の地域に投資するという。
 コノコ・フィリップスのオペレーターは、炭酸ガス濃度が高いのでボーリングしても利益を生まないとし、ブロックAガス田地域を開発しなかったが、政府は会社持ち株を40%から48%まで増やすことに同意し、アチェ州のガス供給不足を解消するためにブロックAの開発をはじめるように求めた。(Jakarta Post, 06/04/26)
[PR]
by nindja | 2006-04-26 12:00 | その他