2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

●アチェ・ニアス復興庁、32件の汚職を発見

 アチェ・ニアス復興庁(BRR)長官クントロ・マンクスブロトは10日、津波後のアチェの開発において、32件の汚職が報告されたと述べた。
 クントロは、ジャカルタにあるホテル・ボロブドゥールで、アチェの援助金の実施状況について報告後、「われわれは、汚職撲滅委員会(KPK)に対し、本件について捜査をおこなうように要請した」と記者に対して語った。クントロによれば、捜査の権限はKPKにあり、BRRにはないという。
 BRRは、アチェとニアスの復興において 500余りの汚職に関する報告を市民から受けていたが、強い根拠のあるものは 32件のみだという。現在まで、BRRはKPKが捜査したケースについて報告を受けていない。(TEMPO Interaktif, 06/05/10)
[PR]
by nindja | 2006-05-10 12:00 | 援助の問題