2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

●国軍兵士の発砲、米軍ヘリにあわや命中

 目撃者の証言によると、20日、海沿いのパンガ村で、米軍ヘリコプターの投下する救援物資(コメ、毛布)を受けるため雪崩れ込んできた25人の被災者を統制しようとしたインドネシア国軍兵士が空に向けて発砲、ヘリコプターの回転翼に命中しそうになったという。負傷者は出ていない。
 事件について、インドネシア国軍は何の声明も発表していない。タイに駐留する米軍報道官は、事件について情報を得ていないとし、「われわれは、インドネシア国軍と非常に良好な協力関係にある。事件について調査はするが、推測で語りたくはない」と述べている。(AP, 05/01/21)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-21 12:00 | 外国軍・援助機関の活動