2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●アチェ住民、引き続き外国人ボランティアの滞在を望む

 米軍は津波・地震の被害者に対する食糧供与などの緊急支援作戦を縮小することを公表したが、避難民キャンプにいる津波の被害者らは、米軍や外国人ボランティアが引き続きアチェに滞在することを望んでいる。
 津波によって家が流された漁師のモハマド・アミン(50歳)は950人が密集しているバンダ・アチェの避難民キャンプにおいて21日、「彼らが100%残ることを望む。もし彼らが去れば、食べ物がなくなる」と述べた。アミンによれば、インドネシア政府がアチェ建設のためのすべての任務を担当するのは、資金難のため難しいという。
 あるボランティアは、1週間分の蓄えがある食糧が、シンガポールを含む外国のグループからの支援であると述べた。シンガポールは、アチェで支援活動をおこなってきた軍の撤退を21日からはじめると述べている。
 いっぽう、バンダ・アチェの別の避難民キャンプに滞在する高校教師のロスマイダ・サレシャム(44歳)は、インドネシアをテロ国家呼ばわりし内政に干渉する米国政府は嫌いだが、米軍が自分たち津波被害者に対し、意味のある支援をしていると述べている。「もし彼らが去るなら、段階的にするべきだ」。また同氏は、インドネシアの軍と警察が、そのキャンプ向けの食糧支援を妨げ、津波の被害を受けてもいない軍のコミュニティーにその支援をまわしたとも述べた。(Sinar Harapan, 05/01/22)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-22 12:00 | 外国軍・援助機関の規制