2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

●自由アチェ運動(GAM)現場レポート

○05年1月18日10時~11時
 インドネシア国軍部隊がナガン・ラヤ県東スナガン郡キラ村トゥウィ・グチ地区のGAM軍司令部を包囲。GAM軍は戦闘を避けたが、国軍がGAM軍に向け発砲したため、防衛のためやむを得ず反撃。戦闘は1時間続く。その結果、GAM軍兵士2名が軽傷。国軍は撤退。インドネシア赤十字社の報告によれば、その戦闘で国軍兵士数名が死亡、重傷。

○05日1月19日
 北アチェ県ムアラ・ドゥア郡パル・プンティ村住民のアズハリ・ビン・ラフマン(25歳)が拘束後、同郡ブラン・プロ村へ連行され、エクソン・モービル詰所の第125歩兵大隊の兵士に拷問を受け死亡。被害者がなぜ拘束され、死亡するまでの拷問を受けたかの理由は不明。

○05年1月20日
 北アチェ県シャムタリラ・バユ郡ブラン・マニャル村のGAM軍メンバー、ナディ・ビン・ユスフ(26歳)、国軍に拘束される。被害者は武器(証拠品)を所持せず。現在まで消息不明。

○05年1月21日
 1月18日に戦闘が起きて以来、数百人の国軍兵士が大規模に軍事作戦をナガン・ラヤ県東キラ・スナガン村トゥウィ地区で実施。1月24日の時点でまだ数百人の国軍兵士が同地区で軍事作戦を実施中。

○05年1月22日10時
 東アチェ県ダルル・アマン郡ムナサ・クタパン村で国軍部隊がアチェ国軍部を攻撃。被害者はなし。

○05年1月22日9時
 警察機動隊(トラック2台)、メル、マンガ村で軍事作戦。四方八方に発砲し、地域住民をおびえさせる。ムル、マンガ村の住民ジャファル・ビン・スライマン(25歳)、スブハン(23歳)、推定300万ルピアの損失。

○05年1月22日5時
 国軍・国家警察合同部隊、西アチェ県インドゥラプリ郡ラム・グンパン村で軍事作戦を実施。四方八方に発砲。その結果、住民が恐怖を感じトラウマに。

○05年1月22日10時
 東アチェ県ヌルサラム郡バゴック・スティヤ村住民、ジャファルディン・ビン・ヤフヤ(28歳、農業)、陸軍戦略予備軍第330部隊に腫れ上がるまで殴られる。

○05年1月22日18時30分
 東アチェ県ヌルサラム郡アイム3村に国軍第900襲撃部隊7グループが増員され、同地域で軍事作戦を実施していたほかの襲撃部隊と合流。

○05年1月22日17時
 国軍・国家警察合同部隊、大アチェ県クタ・チョッ・グリ郡シル・ブラン村で軍事作戦を実施。シル・ブラン村住民のファウジ・ビン・ハサン(40歳)が虐待を受ける。

○05年1月23日8時
 アル村住民のハムダニ・ビン・ハシム(22歳)は、GAMとなんら関係のないにもかかわらず、国軍第133歩兵大隊部隊に同村で発砲を受け死亡した。その後、国軍はGAMの旗と無線機1台を被害者の遺体に置き、被害者がGAMメンバーだったと述べた。

○05年1月23日夜
 北アチェ県マタン・クリ郡タンジュン・スリクイ村住民のイブラヒム・ビン・ウスマン(18歳)が北アチェ県アル村エクソン・モービル詰所の国軍部隊の発砲を受け死亡した。

○05年1月23日5時
 北アチェ県サムドゥラ郡マダン村住民(推定24歳、身元不明)が国軍兵士の発砲を受け死亡。遺体は、北アチェ県マタン・クリ郡トゥピン・クブ村に棄てられる。

○05年1月23日朝
 国軍部隊、北アチェ県ロスコン郡ムナサ・ランブ村で軍事作戦を実施。GAM軍兵士のアブドゥルラ・ビン・ジャミル(27歳)が無抵抗のまま拘束される。武器 (証拠品)は所持せず。現在まで消息不明。北アチェ県ジャンブ郡チョッ・バダ村住民のルスラン・ビン・カセム(22歳)拘束されたのち、北アチェ県ロスコン郡チョット・ブリン村に連行され、銃殺される。北アチェ県ロスコン郡ムナサ・ブラン村住民のスライマン・ビン・ムサ(30歳)、拘束される。現在まで消息不明。

○05年1月23日20時
 国軍部隊数百人がビルン県のプサンガン郡、マクムル郡で大規模な軍事作戦を展開。情報によれば、国軍はGAMの捜索のため、その2郡の境界地域で5日の軍事作戦を大規模に展開するという。同地域の状況は緊迫しており、住民は外出できないでいる。

○05年1月23日12時
 東アチェ県ブルラック郡ウトゥ・ダマ村詰め所の国軍第200襲撃部隊が同郡パヤ・ガジャ村で軍事作戦を実施。その結果、同村の住民がGAMを保護しているとの容疑をかけられ、殴打、脅迫を受ける。

○05年1月23日16時
 東アチェ県イディ・ラユッ郡ブケット・パラ・イディ村住民のシャイフディン・ビン・ラザリ(25歳、乗り合いバイク運転手)がGAMのスパイであると容疑をかけられ、警察機動隊に拘束される・現在まで消息不明。

○05年1月23日18時20分
 国軍部隊、東アチェ県イディ・トゥノン郡ジャンブ・プテック村でGAM軍部隊を攻撃。被害者はなし。

○05年1月23日21時
 国軍、東アチェ県スルバ・ジャディ郡ミリディ村でAGAM軍部隊を攻撃。被害状況の報告はまだない。

○05年1月24日
 国軍合同部隊(第500襲撃部隊、第900襲撃部隊、第200襲撃部隊、陸軍戦略予備軍第330部隊、陸軍戦略予備軍第312部隊)は東アチェ県プルラック地域のGAM軍防衛キャンプの捜索のため、大規模な軍事作戦を展開中。(ASNLF, 05/01/24)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-24 12:00 | GAM情報