2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●アチェのウラマー、ムラボー復興案を拒否

 アチェ・ウラマー協議会(MPU)は28日、西アチェ県ムラボー市復興のブループリントを拒否した。これはアルサ・グラハ・グループとの協力で復興を進め、バンドゥン工科大学、インドネシア大学、北スマトラ大学から専門家が送られることになるというものである。
 MPUのトゥンク・ムスリムは、復興案を拒否する理由として、アチェの人びとやウラマーの参加がないということだけでなく、よく検討され調整されていないからだと述べている。アチェにはイスラーム高等学院、シャー・クアラ大学、州開発企画庁などがあり、彼らの考えを入れることで、アチェ独自の宗教的価値を消さないようにすべきだという。(TEMPO Interaktif, 05/01/28)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-28 12:00 | 援助の問題