2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

●ニュージーランド、被災者移送汚職疑惑の調査を要請

 ニュージーランド政府は27日、ニュージーランド空軍所有のヘラクレス輸送機による津波被災者移送において、インドネシア国軍が乗客から金銭を徴収しているとの報道があることを受け、インドネシア政府に調査を要請すると述べた。
 『ニューズウィーク』誌は、ニュージーランド空軍機によるジャカルタへの被災者移送において、乗客の半数が80米ドルをインドネシア国軍に払って席を確保した身なりの整った人びとであったと報じている。
 ニュージーランド外相フィル・ゴフは、もし報道が事実ならばインドネシア側が汚職者に対して措置を取るよう望むと語った。「誰を移送するか決めるのはインドネシア国軍の責任であり、われわれは乗客の選別をできない」
 ニュージーランド軍広報官サンディ・マッキーは、システムはうまく機能しており、ジャカルタへ移りたい被災者がいるならば今後も同様の活動を継続すると述べている。(AFP, 05/01/27)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-27 12:00 | 援助の問題