2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

●自衛隊、バンダ・アチェで殺虫剤

 自衛隊・環境衛生スタッフ約20人が29日、バンダ・アチェのバンダ・ラヤ郡で殺虫剤を散布した。マラリアの発生、流行を防ぐために散布をおこなった隊員は、武装したインドネシア国軍部隊4部隊によって守られていた。
 それ以外に、日本の医療スタッフが、バンダ・ラヤ郡ラム・アラ村の広場にある診療所で、健康診断と治療をおこなっている姿もみられた。ラム・アラのほか、ブラン・ビンタンにあるイスカンダル・ムダ空軍基地にも、日本の医療チームの診療所がある。(Acehkita.com, 05/01/29)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-29 12:00 | 外国軍・援助機関の活動