2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

●ルプンで避難民、逮捕される

 ジョコ・ワルシト第0101/大アチェ軍分区司令官は10日、大アチェ県ルプンで自由アチェ運動(GAM)と思しき住民を逮捕したことを明らかにした。2人は、インドネシア国軍所有の物資を盗んだという。証拠品として、国軍制服などの入った緑のカバンが押収された。
 逮捕されたシャリフディンは、自身がGAMメンバーではなく、ただの避難民だと述べている。彼は、友人たちと、インドネシア・アンダラス・セメント(SAI)社の瓦礫から鉄や真鍮を拾っているところだったという。そのとき、竹を燃やす音が聞こえ、 GAMの攻撃だと勘違いした海兵隊が発砲した。逃げ出した彼を、国軍は逮捕したという。シャリフディンはまた、押収品についても、津波で運ばれて道路で発見されたものだと述べている。
 現在、シャリフディンともう1人は、軍分区に勾留され、十数人の兵士から取調べを受けている。シャリフディンの唇は腫れ上がっている。(Acehkita.com, 05/02/10)
[PR]
by NINDJA | 2005-02-10 12:00 | 軍事作戦・人権侵害