2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

●各地でつづく人権侵害

○ボランティア射撃される(バンダアチェ=アジュン道路)、2月18日
 FOMAPAK(学生・青年反暴力戦線)ボランティアのマシュディ(ユディ)とファドリ・ユスフが、フィールド調査からの帰りに射撃された。
 2人はバンダアチェ=アジュン道路をオートバイで走っていたところ、後ろから、色つき窓ガラスで、赤のキジャン(車種)がついてきた。
 突然車から「ユディ」と呼ぶ声が聞こえ、2発発砲された。マシュディは足を撃たれ、ファドリは胸を撃たれた。
 現在、ファドリはバンダアチェ内のザイナル・アビディン病院に入院しており、マシュディは身を隠している。
 なお報告によると、マシュディはドイツ人の医者に治療を受けたという。

○恣意的逮捕と虐待(大アチェ県ダルル・イマラ)、2月15日
 大アチェ県ダルル・イマラに住むイムラン・ビン、スライマン(25歳)が、インドネシア国軍によって逮捕された。
 逮捕された犠牲者は、暴行、虐待を受け、自由アチェ運動(GAM)メンバーだと非難された。

○移動規制、小規模な汚職、強制労働(東アチェ県ヌルサラムAim 7)、1月31日
 ヌルサラムのインドネシア国軍は、公共交通手段であるオートバイや自転車の運転手や、ゴム農園で働く人びとに、Aim 7エリアへの出入について報告することを命令した。また、彼らは国軍にタバコを渡せと命令されたり、女性は料理用の水を運ばされたり、薪を集めよう命令されたりしている。

○武力衝突(東アチェ県ラントー・スラマット郡アル・クンバ)、1月31日
武装したGAMとインドネシア国軍が東アチェ県ラントー・スラマットで武力衝突、3人の国軍兵士が死亡した。(NINDJA, 05/02/21)
[PR]
by NINDJA | 2005-02-21 12:00 | 軍事作戦・人権侵害