2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

●政府、アチェ特別自治の修正を検討

 ユスフ・カラ副大統領は25日、自由アチェ運動(GAM)との和平交渉が4月半ばにヘルシンキで再開される際に、特別自治プログラムの詳細を提示できるよう努力し、その実施方法において修正もありうると語った。「GAMは、特別自治が何であるか理解する必要がある。もちろん特別自治の枠組みに修正を加える可能性はある。しかし、すべての交渉はギブ・アンド・テイクである」
 また、カラ副大統領はGAMメンバーが州知事、県知事を含む地方選挙に立候補できる可能性があることも提示した。ただしこれはGAMメンバーが恩赦を受けた場合である。アチェ州はほかの州と異なり、アチェ人による評議会から承認された地元規約で地方選挙がおこなわれるが、分離主義運動に関与した者は選挙に参加できないように地方行政法が改正された。
 ウィドド・AS政治・法・治安調整担当相は、政府とGAMが、和平協定の草案をつくる前に、特別自治を含む相違点についてさらに協議すべきだという見解を示した。ウィドドは、GAMの自治政府案について理解に苦しむと言っている。「恐らくこれは語義の問題なのだろうが、何かを意味しているというのはたしかだ」
 いっぽう、GAM広報官のバクティアル・アブドゥラは、自治政府案について詳しく語ることを拒否し、「われわれは独立要求を引き下げたわけではない」と語った。
 自治政府の形態は、イギリス政府が北アイルランドに与えたものや、スペインのガラシア、バレンシア、バスク地方、デンマークのグリーン・アイランド、ファロー・アイランドなどの例がある。これら地域には独自の元首と議会がある。しかし、防衛や財務関係は中央政府の管轄下に置かれている。(Jakarta Post, 05/02/26)
[PR]
by NINDJA | 2005-02-26 12:00 | 和平への動き