2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2004年 12月 31日 ( 4 )

 救援物資の多くは、国軍よってメダンとバンダアチェで止められている。兵士が物資を犠牲者に売りつけている、という情報もある(インスタントラーメン一つ300ルピア)。
 われわれは、救援活動が進むよう、26日以来休戦している。それに乗じて、インドメシア国軍はわれわれを攻撃、さらなる負傷者を出している。
 インドネシア政府のアチェに対するこのような非人道的措置を強く非難する。

<国際社会への要求>
インドネシア政府に対し、
①非人道的対応を改善すること
②アチェを国際社会に開放し、報道や救援スタッフが入ってこられるようにすること
を求め国際社会から圧力をかけることを要求する。

マリク・マフムド(アチェ国亡命政権首相)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-31 12:00 | GAM情報

●犠牲者数、8万人に

 30日21時現在の死者数は7万9940人。内訳は、バンダ・アチェ1万5000、クルン・マネー117、東アチェ224、ロスマウェ157、ビルン594、ピディ1359、北アチェ1540、ナガン・ラヤ500、アチェ・ジャヤ1万5000、チャラン5000、サバン500、シムルー4、ムラボー1万200、大アチェ一万4000、アチェ島4000、南アチェ6。北スマトラ州の死者は、ニアス227、チェルミン海岸8、中タパヌリ1。行方不明者は両州で1240。(Waspada, 04/12/31)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-31 12:00 | 被災状況

●つづく軍の検問

現在まで収容できた遺体は、やっと40%である。アチェに入っている物資は人手不足のため配給できず、そのため多くがインドネシア国軍兵士に売買されている。それに加えて、31日にはもっとも被害の甚大なムラボーに行くボランティアに対する軍の検問までおこなわれた。ボランティア、とくに海外からのボランティアが、こうしてアチェに入るのが困難になっている。(FPDRA, 04/12/31)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-31 12:00 | 国軍の援助妨害
 メダンとバンダ・アチェからの情報によると、現在、数千トンの援助物資がメダンのポロニア空港、バンダ・アチェのスルタン・イスカンダル・ムダ空港に積まれている。われわれのボランティアが輸送手段を準備し、メダン空港からの配給を手伝おうとしたが、インドネシア国軍はそれを許さなかった。被災者の手に届くかわからないという理由だったため、担当官が同行することを提案したが、やはり拒否された。アチェ空港でも同様の理由で拒否されたうえ、ボランティアが運ぶためには、その物資を送った機関からの委任状が必要だと言われた。しかしアチェに、どうやって手紙を送るのか? また遺体の収容が遅れている。現在もっとも必要とされているのは、遺体収容のための道具である。国際社会に支援を求めたい。 (Posko, 04/12/31)
[PR]
by NINDJA | 2004-12-31 12:00 | 国軍の援助妨害