2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2005年 01月 02日 ( 6 )

 バンダ・アチェでピープルズ・クライシス・センター(PCC)(訳注:長く避難民支援をつづけてきたアチェのNGO)と調整を図りながら、活動をし、現在、ボランティア2人をムラボーに派遣している「人道のためのボランティア・チーム(TRK)からの活動報告。

<アチェ状況>
現在も遺体収容作業が進められている。瓦礫の下に、まだ多くの遺体があると考えられている。バンダ・アチェには現在、50の避難民キャンプがある。避難民の数、出身については不明。

<保健・衛生>
PCCを助ける保健スタッフは十分でない。バンダ・アチェに保健スタッフはいるが、一部に集中しており効率的でない。医薬品は不足している。飲料水を得ることも困難である。

<必要とされる支援物資>
コメ、魚、灯油、食用油、コーヒー、紅茶、砂糖、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、洗剤、ビタミン、マラリア予防薬、蚊よけ、上着、懐中電灯、電池、ゴム長靴など(TRK, 05/01/02)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-02 12:00 | アチェNGOの活動

●2日までの犠牲者数

 社会省の2日のデータでは、犠牲者数は8万259人となった。現在も遺体の収容はつづけられており、犠牲者数は増え続けている。内訳は、バンダ・アチェ1万5000、アチェ・ジャヤ1万5000、大アチェ1万4000、サバン1万2000、ムラボー1万200、チャラン5000、北アチェ1855、ピディ1359、ビルン594、ナガン・ラヤ500東アチェ224、ロスマウェ 157、クルン・マネー117、シムルー6、アダム・マリク病院3、アチェその他の島4000。北スマトラ州の死者の内訳は、ニアス227、チェルミン海岸8、デリ・スルダン8、中タパヌリ1。行方不明者は1542、治療中は2086、避難民は10万8083、倒壊した家屋は4万1783。(detikcom, 05/01/02)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-02 12:00 | 被災状況
<アチェの友人とともに支援に加わったマレーシア人学生から>
メダンからロスマウェまで3回、インドネシア国軍による検問があった。最初の検問で、軍は身分証明書を携帯しない女性に25万ルピアを要求し、彼女は10万ルピアを支払わなくてはならなかった。

<自由アチェ運動(GAM)ゲリラから>
ピディ県バンダル・バル郡ルン・プトゥ駐屯の国軍第144大隊は、この 2日間、迫撃砲とロケット弾を用いて攻撃を仕掛けている。ティロ駐屯の国軍第515大隊は、村人の食糧を奪った。

<ロッ・ンガのGAM司令官から>
国軍第112歩兵大隊兵士は全滅した。またGAM駐屯地近くの村人もほとんど死亡、生存者に食糧を届けようとしたが、国軍に攻撃された。

<転送メッセージ>
「バタム、バンドゥン、ジャカルタにて、アチェ被災者の0~3歳の赤ん坊を養子にする用意のあるムスリムを募集中、女性の名、携帯番号」との携帯メッセージが流れ、女性に電話し、さまざまな質問をしたところ、突然電話を切られた。
[PR]
by NINDJA | 2005-01-02 12:00 | 人身売買
<役人のみなさん>
 もうアチェに出発するのはたくさんです。わたしたちの大統領は、すでに国民福祉担当調整相にアチェで任務に就かせました。これ以上の役人が来る必要はありません。役人は勝手な見方をするだけですし、出発しようとするボランティアの席を奪っています。
アチェは、食糧、医薬品、ボランティアを運ぶ輸送手段を必要としています。海外のボランティアのほうが、わたしたちより支援の方法を知っている状態です。わたしたちに恥ずかしい思いをさせないでください。マルクの人びとが、どうやって支援物資を配給すればいいか悩んでいるのをみてください。数百人のボランティアが、支援できずに呆然としているのをみてください。数万人のシムルーの人びとが支援を必要としているのをみてください。

<ボランティアのみなさん>
 アチェは観光地ではありません。休むところでもありません。あなたが来ることが迷惑にならないようにしてください。本当にアチェを支援するためには、強い動機と、明らかな目的をもっている人が必要です。遺体を運び、埋葬し、瓦礫を取り除き、病人に薬をあげ、食糧を配給する人が。アチェは、写真を撮って、戻ってから「わたしは、アチェのボランティアよ!」と胸を張るための場所ではないのです。

<メディアのみなさん>
 アチェを、ドラマの舞台にしないでください。本当に起きていることを伝えてください。アチェは広いです。まだまだ報じなくてはならないことがあります。アチェの人びとを客体としてではなく、主体として伝えてください。

<産業界のみなさん>
 この災害が貧困を生み出さないために、一時、ビジネスをするのをやめてください。彼らの必需品を売りつけ、彼らをより沈めてはなりません。社長さんたちの訪問は必要ありません。どうか、彼らがいっそう崩壊しないよう施設を準備してください。(Air Putih, 05/01/02)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-02 12:00 | アチェNGOの活動
 ムラボーから60km離れたアチェ・ジャヤ県トゥモン郡には、現在までまったく援助が届いていない。トゥモンの人口は1万8000人。郡庁によれば、35の村のうち17が完全に倒壊、人口の3分の1が死亡したという。現在、たった1人の医者が、1日500人の患者を治療している。コレラが伝染しはじめている。
[PR]
by NINDJA | 2005-01-02 12:00 | アチェNGOの活動
 国軍は2日、1日に北アチェ県ムラ・ムリア郡ウジュン・クタ・バテで、GAMムラ・ムリア地域司令官と2人の部下を殺害したことを明らかにした。国軍によれば、3人は、人道支援チームの妨害をおこなうことで、地震・津波後の状況を利用したという。国軍はそのほか、ビルン県、大アチェ県で5人のGAMを逮捕している。(Media Indonesia, 05/01/02)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-02 12:00 | 軍事作戦・人権侵害