2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2005年 01月 04日 ( 8 )


 国軍が今回の災害を、アチェ独立派掃討の機会にするのではないかと懸念されている。
 リャミザード・リャクドゥ陸軍参謀長は1月4日、GAMが東アチェで運搬中の救援物資や医薬品を奇襲、略奪している、救援物資を盗むため難民キャンプに潜入していると非難した。
 しかし、スウェーデンに亡命中のGAM幹部は、GAMが災害後ただちに一時休戦を宣言しており、そのような略奪への関与は一切ないと否定している。GAM広報官バフティアル・アブドゥラは、政府が救援活動を口実に、GAM掃討を目的とした兵士をより多くアチェに送っている、また、政府の救援人員がアチェで独立派の人びとに暴行を加えるなど攻撃している、と非難した。
 国軍広報官は先週、救援活動と同時に、国軍がこれまでと変わらずGAMへの攻撃も続けると発表している。国軍は、新たに3424人の人員を人道支援のためアチェに配置させた。

<変わらぬ国軍>
 在オーストラリアのアチェ人ヌルディン・アブドゥル・ラフマンは、国軍が一時休戦を尊重していないと批判した。また国軍は、村人が、GAMの拠点がある内陸部の畑に行くことを禁じているという。
<不吉な予感?>
 インドネシア民主青年組織(GMDI)は3日、GAMにこの災害を機に独立運動を止めるよう呼びかけた。彼らは、今回の大災害が、父なる自然がインドネシア共和国からの分離独立をもくろむGAMに送った警告である、と主張している。
<救援のための別組織提案される>
 国会は4日、GAM掃討と救援活動を分離し、救援活動の効率を上げるため、これまでとは別組織で、GAM掃討を目的としない兵士をアチェに送ることを提案した。この提案対し大統領広報官アンディ・マラランゲンは、アチェはすでに非掃討目的な軍の管理下にある、として鈍い反応しか見せなかった。
 4日、国防省はその予算の2357億8651万4046ルピア(2540万ドル)を災害後30日間の救援活動の資金として国軍に拠出している。(Laksamana.Net, 05/01/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-04 12:13 | 軍事作戦・人権侵害
 同じように災害に見舞われたほかの国々と比較すると、インドネシア政府は、その対応において大幅に遅れをとっている。インドネシア政府は、崩壊したインフラの修復について言及すらしておらず、また、トラウマを負ったアチェの人びとのための具体的な政策も一切打ち出していない。
 インドネシア国軍はなおもスウィーピングス(検問)のような抑圧的な手段をムラボー、ナガン・ラヤなどに向かおうとするボランティアに対しおこなっている。さらに、国軍はボランティアによっても運ばれた物資を、すべて一度国軍ポストに集め、それから国軍によって分配することを要求している。
 避難民の状態はとてもひどい。1月1日には、いくつかの避難民キャンプで物資配給が途絶えた。また、メディアの届かないようなサマランガやピディの地域では、いまだに人手が足りず死体が放置されたままである。
 メダンのポロニア空港、アチェのブラン・ビンタン軍用飛行場で、物資は山積みになり、非効率的な分配によって、多くが無駄になっている。
 以上に鑑み、アチェのための民衆運動連帯(SEGERA)、アチェ民衆協会(IKARA)は、以下を政府に要求する。
○危機的な状態にある地域への人道支援、遺体収容、ボランティアの動員を要求する。
○ボランティア(非戦闘目的の国軍・警察も含む)のより大規模な動員および、被害状況の深刻さに応じた配置を要求する。
○政府に、被災現場で起きている国軍によるさまざまな犯罪の実態を報告し、その責任をとるよう要求する。
・ボランティアに対する違法「徴税」(ムラボーで、4万から5万ルピア)
・国軍による被災者への人道物資の売りつけ(バンダ・アチェ、ビルン、ムラボーで発生、04年12月30日の報告)
・ブラン・ビンタン軍用飛行場で起きた国軍による救援物資の窃盗(1月3日の報告)
○国軍と自由アチェ運動(GAM)に対し、政府が停戦を呼びかけ、被災者のための人道活動に取り組むよう要求する。
○アチェの多国籍企業(エクソン・モービル、アルン、アセアン肥料社)に対し、最低5兆ルピアの寄付を災害の復興に拠出するよう要求する。
○遺体収容と犠牲者登録が終了していないため、いかなる人も、犠牲者の子どもを養子にしないように要求する。そして、政府に対し、アチェの犠牲者の子供の売買に対し、断固とした手段でこれを罰するよう要求する。
ジャカルタ、2005年1月4日(SEGERA+IKARA, 05/01/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-04 12:00 | 国軍の援助妨害

●4日までの犠牲者数

 保健省のデータでは、犠牲者数は9万4100人にのぼると推定されている。行方不明者の数は1400人を超えている。内訳は、大アチェ1万6000、バンダ・アチェ1万5000、アチェ・ジャヤ1万5000、ムラボー1万5000、チャラン8000、北アチェ1540、ピディ1359、ビルン594、ナガン・ラヤ500、サバン500人、東アチェ224、ロスマウェ157、クルン・マネー117、シムルー6、南アチェ6、アチェの島々4000人。北スマトラ州の死者の内訳は、ニアス227、チュルミン海岸6、中タパヌリ1、メダン・アダム・マリク公立病院での死者が3。(Antara, 05/01/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-04 12:00 | 被災状況
<キャンプ情報>
避難民数2493(女性1700、幼児285、乳児30、妊婦10、老人100)

<必要物資>
食糧(コメ、インスタントラーメン、食用油、砂糖、ミルク、飲料水、卵、塩、緑豆、ビスケット、赤ん坊ミルク)、衣料(上着、ズボン、下着、ブラジャー、生理用ナプキン)、テント、ゴザ、建築資材、医薬品(下痢止め、マラリア、風邪、解熱剤)、毛布、蚊よけ、コーラン、サルン、文具、食器、石鹸、タオル、歯ブラシ、歯磨き粉、洗剤、発電機、ろうそく、懐中電灯(PEKA, 05/01/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-04 12:00 | アチェNGOの活動
 「アチェ民衆運動連帯(SEGERA)」は4日、メダンからムラボーにタパック・トゥアン経由で入ろうとしたボランティアたちが、制服を着用した人びと(訳注:国軍)に4万から5万ルピアのカネをせびられたと明らかにした。制服を着た人びとは、検問をおこない、身分とボランティアが運んでいる物資すべてについて尋ね、その後、物資をポスト(詰所)に置き、ボランティアが配給できないようした。理由は、物資が自由アチェ運動(GAM)の手に落ちるのではないか懸念されるから、というものだったという。「ボランティアは、軍服を着た人びとに妨害された。彼らはガソリン代を購入するという理由でカネを要求してきた」(Kompas, 05/01/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-04 12:00 | 国軍の援助妨害

●華人差別の噂はウソ

携帯メッセージで、アチェ被災者のなかでも華人系が差別されているという情報が流されていることについて、華人系インドネシア人協会(INTI)ジャカルタ代表は、たしかに小さな事件が起きているが、パニック、ストレス、絶望、飢えの状態にある被災者の混乱状況では当然起きうることであり、華人に対してのみ被害があるわけはないことを明らかにした。例として、以下のような事件が起きている。
・ベチャで家族の遺体を収容しようとした華人が40万ルピアの支払いを請求された。しかし、これは金持ちと考えられる誰に対しても起きてている。
・略奪に遭った華人系商店もあるが、ストレス状態にある人びとがなしたことである。また略奪に遭った商店にも、遺体が転がっているのをみて、彼らもその場を離れていった。
・物資配給において、係員は、本当に何もない人びとを優先している。INTIボランティアの華人も、それは同じだ。完全に正しいわけではないが、華人は金持ちだという概念があるために、華人が後回しにされるということが起きるのだろう。
・地震当日、空港からメダンに避難した多くが華人系だったのは事実である。しかし3日目以降は華人、非華人関係なくなり、華人系被災者も費用がないために何日も空港で待っている状態だ。なお空港職員のなかには、高くチケットを売りつけようとする人もいる。
・牧師が、教会前の被災者の収容に助けを求めたが無視された。しかし、これはみなが行方不明の家族を探すので必死でストレスになっているせいである。(INTI, 05/01/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-04 12:00 | アチェNGOの活動
 治安回復作戦司令部付けの陸軍戦略予備軍兵士は3日、北アチェ県ガンダプラ郡カンプン・ラゴンのヌネ・トゥトン村の避難民キャンプから「徴税」しようとしたGAMメンバー(16歳)を逮捕した。なおこの部隊は、避難民とともにトイレ、ベッド、共同台所、テントなどを設置し、無料の治療をおこなっている。 (Media Indonesia, 05/01/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-04 12:00 | 軍事作戦・人権侵害
 リャミザード・リャクドゥ陸軍参謀長は4日、GAMメンバーが避難民キャンプに潜伏しはじめているとして、監視を強めていることを明らかにした。リャミザードは全兵士に対し、避難民への支援がGAMに盗まれないよう、監視を強めるよう命令している。(detikcom, 05/01/04)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-04 12:00 | 軍事作戦・人権侵害