2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005年 01月 23日 ( 7 )

 フィンランド外相エルキ・トゥオミオヤが23日、明らかにしたように、同国大統領マルティ・アハティサーリと紛争管理イニシアティブ(CMI)が、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)の協議再開の準備に尽力された。両者は、今週末にかけて、ヘルシンキで会談する。
 会談についてはセンシティブな問題であり、また建設的な雰囲気を醸成するため、アハティサーリ大統領とCMIは、現段階では詳細についてコメントしない。詳細については、両者の合意後に明らかにする。(ASNLF, 05/01/23)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-23 12:00 | 和平への動き
 2003年、自由アチェ運動(GAM)基地に潜入したとして逮捕されたアメリカ人ジャーナリストのウィリアム・ネッセンが22日、治安当局によって逮捕された。ネッセンは正当な手続きをとり、合法的に入国したと述べているが、ジャカルタの入管総局は、ネッセンをジャカルタに移送することを求めている。2003年の逮捕後に、ネッセンはインドネシアへの入国を禁じられていた。しかしネッセンはアメリカでインドネシア入国ビザを取得していたという。(TEMPO Interaktif, 05/01/23)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-23 12:00 | 外国軍・援助機関の規制
 エンドリアルトノ・スタルト国軍司令官は23日、大アチェ県マラハヤティ港で記者会見し、チャランが南への道路、西への道路が寸断され孤立しており、修復に 3年以上かかるかもしれないと述べた。すべてが失われたチャランの避難民は、ラムノ地域に移転するのが望ましいという。(detikcom, 05/01/23)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-23 12:00 | 被災状況
 エンドリアルトノ・スタルト国軍司令官は23日、大アチェ県マラハヤティ港で、自由アチェ運動(GAM)が特別自治法を受け入れるなら、政府との交渉が可能であると述べた。同時に分離の話をしないことも条件だという。さらにスタルトはインドネシアから分離を望むグループとの話し合いは困難であるとしている。(detikcom, 05/01/23)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-23 12:00 | 和平への動き
 23日、保健省が公表したデータでは、今回の地震・津波犠牲者が7000人以上増え、17万3981人に達したという。これは北スマトラでの死者240人と、行方不明の7249人を含んだ数字である。社会省では11万229人、アルウィ・シハブ国民福祉担当調整相は22日、13万2172人が死亡したと伝えており、三者間で数字の違いがある。(Jakarta Post, 05/01/23)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-23 12:00 | 被災状況
 エンドリアルトノ・スタルト国軍司令官は22日、バンダ・アチェで、国軍がもはや自由アチェ運動(GAM)拠点への攻撃をおこなっていないと述べた。しかし、津波被災のための救援活動をしている国際援助ワーカーの安全を守るため、アチェを警戒体制においているという。(Jakarta Post, 05/01/23)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-23 12:00 | 軍事作戦・人権侵害
 リャミザード・リャクドゥ陸軍参謀長は22日、昨年12月26日の地震・津波災害からいままで、アチェ各地で国軍と自由アチェ運動(GAM)のあいだに86回の銃撃戦があり、国軍が少なくとも208人のGAMメンバーを射殺したことを明らかにした。
 陸軍参謀長は、津波被害で苦しむ人びとがいるのに、GAMがいぜんとして治安を乱していると強調、軍は銃撃戦を回避できないと語った。
 津波から2週間、国軍とGAMの銃撃戦で少なくともGAM側に120人死者が出た。国軍はロッ・ンガの橋梁建設作業中にもGAMと銃撃戦を交わし、GAM側3人が負傷、国軍はGAMから銃器などを押収した。
 アチェに配置されている陸軍は約3万5000人だが、そのうち人道支援にあたっているのは1万5000人のみ。残りはいぜん治安維持活動に従事している。
 国軍の人道支援は3カ月のうちに東アチェ県沿岸部からムラボーにいたる地域でおこなわれる予定で、この地域では56の橋梁が壊滅状態、230kmおよぶ道路があちらこちらで寸断されている。この地域は3カ月以内に再び外部から封鎖され、政府が仕事をすべて引き受ける。国軍だけで残された仕事をすべて担うのは無理であると陸軍参謀長は語っている。(detikcom, 05/01/23)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-23 12:00 | 軍事作戦・人権侵害