2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波でもっとも被害を受けたアチェ状況と支援活動について、インドネシア民主化支援ネットワーク(NINDJA)が伝えます。


by NINDJA
カレンダー

2005年 01月 25日 ( 3 )

 フィンランドで開かれるインドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)の協議で、ウィドド・AS政治・法・治安担当調整相が、インドネシア側代表団を率いることになった。代表団にはほかに、ハミド・アワルディン法相(第一交渉担当者)、ハサン・ウィラユダ外相が参加する。フィンランド大統領マルティ・アハティサーが交渉を主催する。
 インドネシア政府は、GAMとの紛争がつづけば、アチェにおける人道支援が妨害されると懸念している。いっぽうGAMは、独立のため闘いつづけると表明しているが、可能なら武装闘争以外の方法をもって独立を達成したいと述べている。(Ranesi, 05/01/25)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-25 12:00 | 和平への動き
 政治・法・治安担当調整相アチェ・デスク代表は25日、現在も第2期非常事態(民事戒厳令)が依然として継続中であることを明らかにした。自由アチェ運動(GAM)からの脅威から治安を守るだけでなく、津波災害回復のためにも、非常事態が適当だという。政府は、津波発生から1月18日まで、101人のGAMメンバーを殺害、69人を逮捕、160人を投降させたとし、第2期非常事態が効果的だったとしている。(TEMPO Interaktif, 05/01/25)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-25 12:00 | 軍事作戦・人権侵害
 アチェ被災者のための海外援助米、数万tが、ブラワン港(北スマトラ州メダン)、タンジュン・プリオク港(ジャカルタ)、タンジュン・エマス港(中ジャワ州スマラン)の検疫で止められている。世界食糧計画(WFP)の人道支援米は、商業相からの特別許可を受けなくてはならないと考えられている。
 これは、国内の農産物を保護するため、2005年7月30日までコメの輸入を禁止するという、2004年12月28日に出された20004年商業相通達第71号によるものである。(Republika, 05/01/25)
[PR]
by NINDJA | 2005-01-25 12:00 | 援助の問題